EasySTAMP: 資料のタイムスタンプツール

お客様の抱える課題

先行して存在していたことを証明できるように、資料(記事、出版物、技術資料、図面など)に確定日付を付与し、長期にわたって保管することをご希望ですか。

 

LAVOIXではお客様にオンラインのタイムスタンプツール EasySTAMPを提供し、セキュリティーで保護されたエクストラネットのサイトを通して電子資料に日付を付与できるようにしています。封書やソロー封筒のような従来の証明手段に取って代わる信頼性のあるソリューションです。

 

こちらは以下の特徴を併せ持つオンラインの機能的なタイムスタンプシステムです:

  • 信頼性: EasySTAMPを使用する時にはまず、タイムスタンプを付与したい資料をアップロードします。アップロード時にお客様の資料の電子指紋が算出され、公認機関へと転送されます。すると同機関が、お客様の資料の電子指紋と、タイムスタンプの日付および正確な時刻を含むタイムスタンプトークンを生成します。
  • 使いやすさ: EasySTAMPを使えば、お客様の資料へ簡単に、時を構わず、45Moまで、あらゆるフォーマット(doc、pdf、.msg、zipなど)でタイムスタンプを付与することができます。同ツールは、セキュリティーで保護されたエクストラネット(IPDATA2)を通してオンラインで利用可能です。
  • トレーサビリティ : タイムスタンプ付与の後、お客様はすぐにEメールで確認トークンを受け取ります。タイムスタンプが付与されたお客様の資料は、私たちのデータベース上で閲覧可能です。タイムスタンプトークンは公認機関により10年間保管されます。
  • セキュリティー : タイムスタンプ局に転送されるのは、お客様の資料に固有の電子指紋のみです。タイムスタンプが付与された資料は私たちのデータベースに保管されるため、セキュリティーは万全です。

タイムスタンプを付与した資料の検索:

プラットフォームIPDATA2を使用すれば、タイムスタンプ付与済み資料へ追加したい補足情報を、お客様自身で設定することが可能です。


プラットフォームIPDATA2では、検索インターフェースを使い、追加された補足情報(著者、発明者、レジュメなど)をもとにタイムスタンプ付与済み資料を検索できます。


お客様のタイムスタンプ付与済み資料、タイムスタンプトークン、補足情報、タイムスタンプ証明書は、私たちのデータベースに保管され、IPDATA2上で閲覧が可能です。

 

タイムスタンプを付与した資料の検証:

タイムスタンプ局は、タイムスタンプトークンを10年間保管します。LAVOIXはこの期間中いつでも、資料のタイムスタンプを検証することで、当該資料の完全性を確認したり、その存在日付を証明したりすることができます。


この検証を実行するには、タイムスタンプ局に証明書を請求するか、またはオンラインかタイムスタンプ局施設内にて執行吏の監督のもとで確認を行います。

 

法的有効性:

LAVOIXはお客様の資料にオンラインでタイムスタンプを付与するシステムEasySTAMPを提供することにしましたが、このシステムでは、フランス産業財産庁(INPI)、フランス税務局およびその他多くの行政機関と同じタイムスタンプ局を利用しています。


法律上、タイムスタンプトークンが証拠として効力を発するのは、タイムスタンプサービスに関して規格化された技術的・法律的手順を遵守したうえで(EasySTAMPはこの手順を遵守しています)、タイムスタンプ局によってトークンが発行された時点からになります。タイムスタンプトークンは、ファイルの内容や、発行日または受領日に対するあらゆる異義からお客様を保護します。

 

タイムスタンプを取得した日から検証を実施した日までの、ファイルの非改ざん証明も可能となります。タイムスタンプトークンとは、タイムスタンプを付与したデータの指紋(ハッシュ値)と、信頼性のある時刻源から得た日付・時刻の組み合わせから成るファイルのことを指し、全てのトークンにタイムスタンプ局から電子的な署名が施されています。各資料の指紋はその資料固有のものなので、ファイルと「ハッシュ値」を比較すれば、これらが正確に一致しているか確認できます。つまり、手元のファイルがトークンの生成日に同じ状態で存在していたことを証明できるのです。タイムスタンプトークンにはタイムスタンプ局による電子署名が付与され、改ざんを防ぎます。


紛争が発生した場合、タイムスタンプを付与された資料は、タイムスタンプ局ウェブサイト上の検証手続きを行うことで検証できます。この検証手続きでは、始めのタイムスタンプトークンと比較するために第二のトークンが発行され、対象のファイルが同一のものであることを証明します。こうした認証手続きは、執行吏本人または執行吏の監督のもとで行うことができますが、LAVOIXまたはお客様自身が直接行うことも可能です。

 

技術的な基準およびタイムスタンプの規格:

私たちが依頼を行っているタイムスタンプ局は、RFC 3161、TS101456、CWAの基準と規格を遵守しています。また、タイムスタンプ局は原子時計に同期しています。

 

サポート

EasySTAMPを有効にしたい方や、補足情報をお求めの方は、以下のアドレスにご連絡ください。 easystamp@lavoix.eu.

 

こちらをクリックすれば、IPDATA²ツール説明資料をダウンロードいただけます。

  • LAVOIX - WTR1000
  • LAVOIX - Legal500
  • LAVOIX - IPStars
  • LAVOIX - Patent1000
LAVOIXは全ての事業所における知的財産権に関わる 業務全般において
2015 年にISO9001認証を取得致しました。